マツタケ超え!?冬限定の最高級のしいたけ「のとてまり」【石川県産/のと115】

のとてまり
持ってみた。

この世には「マツタケを超えるしいたけ」が存在するという

冬場は、よくお鍋をたべますが、オーソドックスな食材として知れ渡る「しいたけ」。
スーパーでは小さめでサイズが揃ったものから、不揃いで袋詰めされた野性味あふれるモノも。
しかし普段はお目に書かれない「大きく美味なしいたけ」があるそうです。

その名は「のとてまり」。

名前の通り、石川県能登半島ブランドしいたけで、
マツタケを超える価格で取引されることも少なくないという。

黄色い箱とキャラクターが目印

のとてまり
かわいいキャラクターがパッケージの目印
のとてまり
説明書とステッカーがたくさん入っていた。

これが「のとてまり」だ!!

のとてまり
どどーん!と大きいしいたけがぎっしり!これが、のとてまりだ!!

でかい!!1円玉との比較をみてほしい。

のとてまり
左がのとてまり。右が1円玉
のとてまり
持ってみた。

「のとてまり」ブランドには基準があり、大きさや状態などを満たしたエリートのみが「のとてまり」として出荷を許されるそうだ。

さっそくたべてみよう!

まずは素材の味をそのままに頂くのがモットーなのでホイル焼きにします。

のとてまり
包丁がひっかかるほどの肉厚さ。すごい。

 

丸焼き!と行きたかったのですが、グリルで火が通るのに時間がかかるため
やむを得ず厚めにカットしてホイル焼きに。

のとてまり
ほくほくジューシー!

まずは、何もつけずに食べる。
しいたけの上品な香りがあり、クセのある匂いは全くなし。
かつ低温で熟成されたしいたけのジューシーな濃厚エキスが口の中に溢れます。とっても美味しい!

醤油をつけるとどうか?

のとてまり
香ばしい香りがプラスされる

美味しい!!!!!!!!

塩分がプラスされることで、素材の味がより際立ちます。
他にも、説明書にはグラタン煮物などもオススメされていました。
冬季限定栽培なので、お早めにどうぞ!

商品の詳細はこちら!
URL:https://www.hoodo.jp/kitagata/goods_id-01740120.html
商品名 :【石川県産】原木生椎茸 のと115 最高級ブランド「のとてまり」
店舗名 :近江町 北形青果
価格  :10,497円(税込)
販売期間:2020年12月01日~2021年03月13日まで(2021年3月現在)
ライター:サイトウ
料理が趣味。
お店の味を家で再現できたときは嬉しいです。