飲みやすい芋焼酎「きばいやんせ」をお取り寄せしてみた

芋焼酎は苦手という方におすすめしたい逸品「きばいやんせ」

大の芋焼酎好きとしては鹿児島限定の焼酎と言われたらネットで探しまくって買わずにいられないのです。今回はカジキ商店さんから、薩摩酒造さんの「きばいやんせ」をお取り寄せしてみました

きばいやんせの意味

頑張ってという意味ですが、京都のことばで「おきばりやす」というのがあると思います。それがなまったものでしょうか語源のほどはわかりませんが、確かにこの焼酎を飲めば明日も頑張ろうか!!ってなると思います。それぐらい美味しい焼酎です。

芋焼酎独特のあれ

芋独特がそんな好きではないとおっしゃる方いらっしゃると思いますが、この「きばいやんせ」は芋焼酎臭さをそこまでアピールしてきません。同じ薩摩酒造さんの「白波」はバリバリですが、こちらは控えめでロックが美味しかったです。独特の芋臭さがだいぶ抑えられていて芋焼酎苦手という方でも美味しく味わえるのではないでしょうか。お湯割りも試してみましたが、個人的にはロックが美味しいと思います。

薩摩酒造さんのページにこう書いてあります

鹿児島県産の新鮮なさつまいもを原料に鹿児島大学の高隈演習林内に湧き出る良質の地下水を使用しました。さっぱりとした上品な甘さが特徴。

芋焼酎の味と香りを左右するのは水。焼酎だけではないですけど、その水が鹿児島のシラス台地から湧き出る水ですので美味しくないわけがないですよね

ちなみに、「白波」はこう書いてます

鹿児島県産の焼酎づくりに最も適したさつまいもであるコガネセンガンと米麹を原料に、薩摩に伝わる黒瀬杜氏から受け継いだ製法で仕込んだ本格薩摩焼酎。
しっかりした濃い甘さと、芋らしい香り。

ですので、この「きばいやんせ」はさっぱりほどよい香りというこでしょう。(白波も美味しいですよ)

お求めやすい価格です

毎日高い酒を飲んでられるか!!って言われそうなので先に言っておきます。1800円です。安くないですか。いや安いでしょ、たしかにスーパーにいけばよくわからない値段の焼酎ありますけどああいうのではなくて、このお値段でこの味が味わえると考えるとかなり安いと私は感じました。

これは論争になりそうですが

はじめて一口飲んだとき「あれ、これって伊佐美?」とおもったぐらい美味しかったです。このあたりは芋焼酎マニアには確実に論争になるのでこれ以上は言いませんが(笑)、おいしかったのはお伝えしたいのです。楽天のレビューにも「魔王」だ「森伊蔵」だとか書かれていますが、ふわっとまとめるとめちゃくちゃ芋臭くなくておいしいよってことかと思います。

芋焼酎苦手な方におすすめ

プレゼント用にも良いかと思います。相手の人はお酒好きだけど、何をおくったらいいのかしら・・・そんなときはこの「きばいやんせ」をぜひとも選んでください。芋焼酎の癖がそこまで強くないので、逆に本当ののんべえだとだめかも知れませんが万人に受け入れられる芋焼酎じゃないかと思われます。

今日も「きばいやんせ」を飲んでがんばるかー(いまは真っ昼間)

商品の詳細はこちら!
URL:https://www.hoodo.jp/pc/store/kajikishoten/02350105
商品名: きばいやんせ 25度 1800ml 芋焼酎
店舗名:鹿児島焼酎 カジキ商店
価格:1,896円(税込、送料別)